Qoo10で買える敏感肌おすすめ洗顔

ダシダで簡単♪韓国本場の味付け!わかめスープ【作り方・レシピ】

こんにちは、みなみです^^

韓国ドラマなどで誕生日に、わかめスープを飲むシーンみたことありませんか?

ドラマみたいなトロトロの本格的なわかめスープを飲みたい!!

ということで今回は【本場の簡単な味付け】わかめスープのレシピを2010年から研究し続けているわたしが紹介します🙌🏻

✏︎わかめスープの韓国語

わかめスープ』は韓国語で、
미역국(ミヨック)』といいます。

発音は、ぜひGoogle翻訳で✨

미역(ミヨッk)」=「わかめ
(クk)」=「スープ」という意味です。

本場韓国のレシピを参考に

わかめスープに目覚めたのは2010年頃…

みなみ
みなみ

韓国風じゃなくて、本格的な韓国のわかめスープを作りたい!

そんな思いで、韓国語でレシピを検索🔍

すると、ダシダで簡単に作れるレシピを発見!!

しかし、当時はダシダがまだ日本に出回っていなかった頃なので、インターネットで入手しました🥲

そして届いたのは、1kg!

みなみ
みなみ

結構おっきい…(笑)
大容量だから、どんどん使っていかなきゃ!

そんな思いでわたしは、わかめスープ作り、こだわりました。

いまでは作り慣れて、わかめがトロトロでおいしい!たくさん飲みたい!と大好評なので、1回の水量は、2500mlほどで作っています😋

材料さえ揃えば、自分好みに

韓国の方も大量に作って、味の調整はその時その時の状況で変そうです。

なので、材料を揃えて自分好みの味付けを見つけていきましょう✊🏻

材料

今回の分量
  • 牛肉 300g
    (なければ豚挽き肉でも○)
  • わかめ 200g
    (乾燥でも生わかめでも○)
  • にんにく 4片
    (チューブよりも生にんにくの方が本格的👍🏻輪切りでも・刻んでも・すりおろしても○)
  • 牛肉ダシダ 韓国スプーンに4杯とちょっと🤏🏻
  • 醤油 わたしは使わない派✖︎
    (お好みで)
  • 白ネギ 10cmほど
  •  2500ml
  • ごま油 適量

ざっとこんな感じです!

韓国では水3カップに対して、牛肉ダシダ・にんにくみじん切り・醤油1スプーンの味付けが一般的の印象🤔

醤油は使う方もいれば、使わない方もいてさまざまです。

下準備

生わかめを、袋裏面にしたがって洗い、お好みの大きさに切ります。

乾燥わかめの場合は、水で戻しましょう。

牛肉(お好み)・にんにく(今回はみじん切り)・ねぎ(小口切り)で切っておきます。

作り方

1.熱した鍋にごま油をひき、刻んだにんにくを入れます。

2.にんにくの香りが出てきたら、わかめを炒めます。焦げないように火加減を調整してください。

わかめのトロトロ感はしっかり炒めることで決まります☝🏻

3.ほうれん草のおひたしのように、わかめのかさが減ったら、

牛肉・ねぎも入れ炒めます。

4.ある程度炒めたら、ダシダを韓国スプーン2杯入れて、全体に馴染ませながら炒めます。

5.ダシダが全体に馴染んだら、水を入れて蓋をします。

6.沸騰したら、1度味見をします。

7.わたしは、さらにダシダを韓国スプーン2杯入れました。完成です!

カレーのようにひと晩置いたり、時間が経つとわかめのトロトロ感がさらにUPします!

韓国流にごはんを入れて

韓国人の方は汁物料理に、ごはんを入れて食べるのが習慣だそうです。

ドラマや観光の際、見かけたことありませんか?

日本ではお行儀が悪いようにみられてしまうかもしれませんが…わたしもこの食べ方が好きです👍🏻

まとめ

いかがでしたか?

今回はダシダで簡単♪韓国本場の味付け!わかめスープ【作り方・レシピ】を紹介しました。

簡単に作れるので、たくさん作って自分好みの味付けを見つけていきましょう😊